アウトドアで英語を話してみる?リコリス食べてみる?

こんにちは! 江戸川区葛西にて、英会話教室を運営しております ケンブリッジ英会話 です!! 本日の記事はDarrenが担当しております。訳はウィニー夫人です。英語原文が下にあります。 英語のレッスンはたいてい教室や、レストランやコーヒーショップでやりますね。でも、あなたが母国語を始めて学んだのは、教室で教科書やプリントを使って勉強したわけではないですよね。たぶん公園や路上や庭で、家族や友達と遊びながら言葉を身に付けたんじゃないでしょうか?語学を学ぶのに一番いい方法は、その言語が話されている環境にどっぷり浸ることです。耳で聴いて、真似をすることで、言葉を使えるようになっていきます。 そこで、この週末は、英語を学ぶ日本人グループの人たちと一緒に鋸山に行ってきました!以前、私たちは、待ち合わせに遅れた人に電話をかけるというシチュエーションを想定して英語の練習をしたことがあります。今回は、数人が電車で移動し、数人は犬を連れて車で移動し、現地で合流することになりました。終日、英語だけで話すことに決めました。挨拶する、登山ルートを決める、昼食と地図を手に入れる、ということを全部英語を使ってやりました。 登山は思ったよりハードで、息が上がりながらも私たちは英語で話しました。ところどころ看板があって、この地域の石切りの歴史について、日本語と英語で書かれていました。日本人の友人達には初めての単語もたくさんありました。quarry, quarried, steepなどです。頂上で昼食を取りながら、さらに食べ物の話や、イギリスで買ってきたお菓子のリコリスについて英語で話しました。 リコリスというのは日本人は苦手な人が多いみたいですが、黒くて柔らかいキャンディで、ハイチューみたいな食感です。味と香りに独特の癖があります。リコリスは、Glycyrrhiza glabra という植物の根から取れ、胃の不調を鎮める薬効があります。食あたり、胃炎、胸やけなどに効くと言われています。リコリスの根から抽出したエキスは胃の内膜を修復し、バランスを取り戻します。これはリコリスに含まれるグリチルリチン酸の消炎作用と免疫促進作用によるものです。リコリスは日本人の口には合わないことが多いようですが、味だけでなく見た目も黒くて人工着色料のように見えるし、車のタイヤか消しゴムかLEGOブロックを食べているような気になるのも好きになれない理由かもしれません。日本人の友人たちがリコリスが苦手な理由も十分にわかります! 数時間かけて登り、頂上で昼食を取ったあと、山の中腹にある大仏のところまで降りました。日本人の友人が、この大仏は50年前に建てられたと教えてくれましたが、もっと古いように見えました。山に登るだけで大変だったので、下りはロープウェーを使うことにしました。素晴らしい眺めでした!!駅で友人達と別れ、お待ちかねの休息を取るために自宅に向かいました。 Quarry 石切り場。建築用の石を切り出すところ。 Quarried 石切りの動詞形。例:The stone was quarried from Nokogiriyama この石は鋸山で採石された。 Steep 階段や山の斜面の勾配が急なこと。例:This hill … More