謙遜は要りません。

こんにちは!
江戸川区葛西にて、英会話教室を運営しております ケンブリッジ英会話 です!!

本日の記事はYukoが担当しております。

 

ケンブリッジ英会話のレッスンは、正解を求めるわけではなくて、「伝えよう!という気持ちを育てる」レッスンです!!テストじゃないので、 judge 評価や採点はしません。間違えても正しくなくてもトンチンカンなことを言ってしまっても全然オッケーです。

極端な話、文法や単語がいまいちでも、「伝えようという気持ち」さえあれば、なんとか会話が成り立っちゃうものなんです。知識は後からで全然いいんです。

もし違っていたら、「惜しい!ホントはこういうふうに言うんですよ~」って正解はお教えしますけど、「へえ~そうか」ぐらいの気持ちで受け取ってくださいね。

「また間違えた!」「全然だめだ~!」なんて落ち込む必要は全くないですからね。何度も同じ間違いをしてしまっても、Darrenは気長に付き合ってくれるので遠慮なく心おきなく間違えてください。それが先生というお仕事なんです!世の先生たち、ほんと辛抱強いですよね(^_-)-☆

間違えても否定しないことにくわえ、良かったときにはすっごく褒めます。
That’s it !  そうです!
Good !  いいですよ!
Great ! すばらしい!
Perfect ! カンペキ!

褒められることになれていない人は、

「いや~まだまだです。」
「私なんて全然です。」
「今回たまたま出来たけど、いつもいっぱい間違えちゃうし。。」
などと、謙遜したくなっちゃうかもしれないんですけど。。。

「英語圏に謙遜は存在しない!」と思っておいてください。

いや、実はあるんですけどね。自慢話ばかりして、俺ってすごいだろう、私って素晴らしいでしょう、という人は英語圏でもやっぱり嫌われます。自慢に思われない程度に控えめに言う、という文化は確かに存在します。でも普段から謙虚過ぎる日本人は、「絶対に謙遜しない!」と心に決めてるぐらいでちょうどいいですね。

少なくとも、「ほめられた時は、謙遜しないで素直に受け取る」と思っておいてください。

褒められた時は、
Thank you. ありがとう!
It’s nice of you. イツナイソブユ。嬉しいこと言ってくれますね。
なんて言っておけばOKです。

ケンブリッジ英会話
グループ・レッスン、プライベート・レッスン、アフタヌーンティー・レッスン、ビジネス英語、TOEICスコアアップコース、留学準備コースetc、各種ニーズにお応えします!!
レッスンのお問い合わせは、
Mail:cambridge.eikaiwa@gmail.com
URL:www.cambridgeeikaiwa.com