こんにちは!
江戸川区葛西にて、英会話教室を運営しております ケンブリッジ英会話 です!!
本日の記事はYukoが担当しております。
 
「お粥」 と辞書で引くと porridge と出てきますが、イギリスのporridgeと日本のお粥 って同じなんでしょうか?
日本のお粥は、お米をたっぷりの水で煮たもので、病気の時に食べたり、赤ちゃんの離乳食になりますね。消化が良くて身体に優しい食べ物という認識です。
イギリスの porridge は、お米ではなくて oats オート麦 = oatmeal オートミール で作ります。オーツというのは燕麦(エンバク)のことで、めちゃめちゃ栄養があるんです。タンパク質・食物繊維・カルシウム・鉄分・ビタミンB1.2が豊富で、微量ミネラルも豊富に含まれています。精白されてなくて糠や胚芽も丸ごと摂取できるので食物繊維たっぷり。GI値も低く血糖値を上げにくい炭水化物なのでダイエットにも最適。玄米以上に優秀な食品と言われているのです!
イギリスでは、porridgeは病人の回復食というよりは power breakfast といった扱いです。寒い冬に温かい朝食で体温を上げ、エネルギーを高めて仕事や学校に出かける!といったイメージです。
どうやって調理するの?
加熱調理済のものであれば(quick oats などと書いてある)、牛乳をかけてそのまま食べられます。
オーツ自体には味がないので、いろんな味付けが可能です。
水と塩で煮る人もいますが、ミルクで煮てブラウンシュガーをかけたり、はちみつ、シナモン、レーズン、バナナ、ベリーなどいろんなフルーツを乗せたりもします。
blueberry topped dessert
コンソメや和風だしで煮て、卵や野菜を入れて雑炊風にしてもOK。
イギリスの文学や童話で、 porridge にハチミツをかけて、、、などと書いてあると、「お粥にハチミツ?」と違和感を持ってしまうけれど、お米じゃなくてオーツのポリッジかぁ~と、思ってくださいね!
honey on white bowl
オーツは健康食品として日本でも注目されています。スーパーなどでも手に入りますので興味のある方は食べてみてくださいね。調理方法がわからなかったら海外の動画など見てみると、英語リスニングの練習にもなっておすすめですよ!
 
 
ケンブリッジ英会話
グループ・レッスン、プライベート・レッスン、アフタヌーンティー・レッスン、ビジネス英語、TOEICスコアアップコース、留学準備コースetc、各種ニーズにお応えします!!
レッスンのお問い合わせは、
Mail:cambridge.eikaiwa@gmail.com
URL:www.cambridgeeikaiwa.com