イギリス英語とアメリカ英語、なんで違うの?

英語を話す人は大勢います:

イギリス英語とアメリカ英語は違うって知ってますよね?大英帝国は全盛期には地球の四分の一の地域を支配していました。後に、イギリスはこれらの地域からも言葉を取り入れて、現在話されている英語になりました。世界ではイギリス英語またはアメリカ英語を話す人口が40億人と言われ、全世界では10町人と言われています。英語が母国語でない人にとっては二つの違いはわかりにくいかもしれませんが、ネイティブスピーカーには、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語(イギリスに近い)、南アフリカ英語などの違いは明白なんですよ。発音も違うし、使われる言葉も違うし、スペルも違ったりするんです。


american-UK
なんで違うの?

もちろんアメリカの言語はイギリスから来ました。1607年にメイフラワー号でアメリカに上陸した人達が伝えたんですよね。アメリカでは「エレベーター」、イギリスでは「リフト」と言う、なんていう違いは、聞いたことがある人も多いのでは?このような違いはどうやって生まれたんでしょうね?文化的または環境な影響があるようです。イギリスでは、フランス由来の言葉がたくさんあります。たとえばハーブのコリアンダー(香菜、パクチーとも言いますね)。アメリカではスペイン語の「シアントロ」と言うんです。南アメリカで話されているスペイン語の影響が多く入ってきたため、アメリカ英語とイギリス英語が違ってきたんです。違いは他にもたくさんありますよ。

British                                                   American

茄子        Aubergine                              Egg Plant

アルミ     Aluminium                           Aluminum

お菓子     Sweets                                   Candy

わたあめ  Candy Floss                          Cotton Candy

運動靴     Trainers                                 Sneakers

フライドポテトChips                            French Fries

海老        Prawns                                  Shrimp

クッキー  Biscuits                                 Cookies

アパート  Flat                                        Apartment

車のボンネットBonnet (Car)               Hood (Car)

車のトランクBoot (Car)                       Trunk (Car)


イギリス英語ってフランス語に似ているの?

そうなんです。1066年のノルマン人の征服(征服王ウィリアムが「ヘースティングズの戦い」でイングランド王ハロルド2世を破ってイングランド王となった)以来、イギリス英語はフランス語の影響を受けてきました。フランス語は大学や法廷などで使われる高位言語とされていたのですが、他の色んな言語と混ざり合って、「中世の英語」になりました。後に1700年代になってまたフランス語がポピュラーになって、話し言葉だけでなく、スペルにも変化がありました。イギリスでまたフランス語がポピュラーになった頃、アメリカに入植した人たちはフランス語の影響を受けず、独自のアメリカ英語を発達させることになります。
MayflowerShip


発音は違うの?
アメリカに渡った人たちは、「r」をはっきり発音する「ローティックと言う話し方を伝えました。対してイギリスに住む人たちは他の人たちと違う話し方をしたいものですから、だんだん「r」発音を弱めて話すようになってきました。このposh「上品」に聞こえる発音を真似する人が多くなってきて、(RP発音と言います。Received Pronunciation。容認発音。英国の容認標準語(RS/Received Standard)の発音。パブリックスクールのアクセント、BBC英語などをさし、これを話す人は教養ある人と一般に認められる。)イングランド南部を中心に広まりました。イギリスで、今もローティック発音の訛りで話す地域もあります。他に、イギリスでは「h」の音を省く発音もあります。たとえば、「ホテル」を「オテル」のように発音するなどです。


spelling
スペルは違うの?

パソコンの言語設定で、イギリス英語かアメリカ英語か選択するところがありますが、主にスペルの違いです。日本人の大半はアメリカ英語を学んでいて、アメリカ的なスペルや発音に慣れている人が多いかと思います。マイクロソフトWordでスペルミスを見つけて赤線を引いてくれる機能がありますが、これもイギリスかアメリカかどちらの辞書を使っているかで変わってきます。なんでこんなに違うんでしょうね?基本的にイギリスの辞書はロンドンの学者が作っています。すべての英単語を編纂したい人達です。対してアメリカではノア・ウェブスターと言う人が、よりどう聞こえるか音声的な要素をスペルに反映させて辞書を編纂したのです。それに、アメリカはイギリスから「独立」したんだぞ!と主張したいのもあるようですよ。ウェブスターは、いろんな単語から「u」の字を省きました。(例:color、 flavorなど)また、「ise」を「ize」に変えたものもあります。(例:organize、recognizeなど)


このように、イギリス英語とアメリカ英語は、スペル、発音、ボキャブラリーにたくさん違いがありますが、共通するものも違いもあるということを覚えておいてくださいね。大事なのは「違い」ではなくて「コミュニケーション」です!お互いに分かり合えれば十分なんです。どちらが良いわけでも悪いわけでもなく、ただ「違う」だけって思っていてくださいね!

ケンブリッジ英会話
グループ・レッスン、プライベート・レッスン、アフタヌーンティー・レッスン、ビジネス英語、TOEICスコアアップコース、留学準備コースetc、各種ニーズにお応えします!!

レッスンのお問い合わせは、
Mail:cambridge.eikaiwa@gmail.com

URL:www.cambridgeeikaiwa.com



English Follows:
Why are British and American English different?

There are lots of people using English:
So we all know British English and American English are different. At the height of the so called ‘British Empire’ approximately ¼ of the Earth was under British rule.  Subsequently, the English language incorporated many words from those countries into spoken English. There are thought to be around 400 million people speaking British and American English in the world with the total number of speakers possibly exceeding 1 billion. As a foreign language learner of English it may be hard to know the differences between the two, but to native speakers it is blatantly obvious if a person is using American English, British, Australian (Very similar to British), South African or a whole host of other variations. Not only do they sound different, use different words etc, but are often spelt completely differently too!

So why are they different?
Surely, the United States language came directly from the United Kingdom by way of settlers who first arrived on ships such as the Mayflower in 1607 no?  Perhaps you already know some modern differences, such as the words; Elevator (American) and Lift (British). With that in mind perhaps we should ask, “Why are they different”? One of the first reasons for the difference is based on the cultural influences and surroundings. In the United Kingdom many words are derived from the French language; for example Coriander (Herb), while the American equivalent is Cilantro which is derived from Spanish. With the Spanish influence across many parts of the United States and of course South America it is not surprising that the British and American languages developed quite differently. Other examples of these differences are plentiful; here are just a few;

British                                                   American

茄子        Aubergine                              Egg Plant

アルミ     Aluminium                             Aluminum

お菓子     Sweets                                  Candy

わたあめ  Candy Floss                          Cotton Candy

運動靴     Trainers                                 Sneakers

フライドポテトChips                           French Fries

海老        Prawns                                  Shrimp

クッキー  Biscuits                                 Cookies

アパート  Flat                                       Apartment

車のボンネットBonnet (Car)                Hood (Car)

車のトランクBoot (Car)                       Trunk (Car)

So British English is more like French?
That’s right, British English was forever changed by the French speaking Norman invasion of 1066 by William the Conqueror. French was considered a high order language used in schools, universities and the law courts. It didn’t last as a separate language for long and was soon mixed in with others to become what was known as ‘Middle English’. French again became popular in the 1700’s, not only as a spoken language but also spelling. By the time this second popularity of French was underway the United States colonies had already been established 6,800 kilometers away and they therefore didn’t take part in the French revival.

But what about the pronunciation differences?
When the settlers arrived in the United States they took with them the common British language used at the time, something called rhotic speech. This is when you pronounce the ‘r’ sound in a word. In the United Kingdom people wanted to sound different to others and started to soften the ‘r’ sound in words; for example the word silver would be saidsil-vuh” instead of “sil-verr”, “win-tuh”, instead of “win-terr” or “rath-uh” instead of “rather”. Others soon started copying this posh sounding way of speaking (Known as Received Pronunciation) which spread quickly across the south of England. Some other parts of the United Kingdom still have rhotic pronunciation as part of their accents. There are also some differences in the use of consonants, for example some British drop the initial ‘h’ sound, so an “otel” whereas in the United States a “hotel” is more common.

But what about the spelling?
As a computer user using English working out whether to use British English or American spelling can be an issue, usually dependent on the reader’s experience of the English language. The great majority of Japanese study the American version of English and are more familiar with American vocabulary and their spelling. Writing a blog using Microsoft word leaves a page peppered with red underlines as it detects words spelt incorrectly in either the British or American version depending on the dictionary language it is using. So why are they so different? Basically, The U.K’s dictionary was built by scholars in London who wanted to collect all known English words. In the United States however, Noah Webster wanted the spelling of the words to reflect more how they sounded and a protest to show that the United States was ‘independent’ of the United Kingdom. He dropped the letter ‘u’ from words, e.g. color, flavor etc. He also changed words ending with ‘ise’ to ‘ize’, for example ‘organize’, ‘recognize’ etc.


There are many other differences in spelling, pronunciation or vocabulary between the United Kingdom and the United States. Whichever version you are studying or using it is always good to keep in mind that both have more in common than they do differences and that it is ‘communication’ that is important. We understand each other and have the knowledge and language skills to deal with misunderstandings should they arise and understand that one is not better than the other, just ‘Different’.

ケンブリッジ英会話

グループ・レッスン、プライベート・レッスン、アフタヌーンティー・レッスン、ビジネス英語、TOEICスコアアップコース、留学準備コースetc、各種ニーズにお応えします!!

レッスンのお問い合わせは、

Mail:cambridge.eikaiwa@gmail.com

URL:www.cambridgeeikaiwa.com