フィッシュ&チップス

こんにちは!
江戸川区葛西にて、英会話教室を運営しておりますケンブリッジ英会話 です!!
本日の記事はDarrenが担当しております。訳はYukoです。
英語原文が下にあります。

fish-and-chips-3
Photo by Daria Shevtsova on Pexels.com

<伝統的なフィッシュアンドチップスは消えつつあるか?>
世界的に有名なイギリス料理といえば、「フィッシュ&チップス」ですよね!
イギリス南西部にある僕の地元では、フィッシュ&チップス屋さん(通称Chippy チッピー)がケバブ屋さんに変わってしまいました。ケバブというのはトルコ風の串焼き肉のことですが、他にもバーガーやホットドッグなどのファストフードを売る店になってしまったのです。昔からある見慣れたChippyがなくなって、ライトのついたメニューが表にあって白いタイルが輝く新しいケバブ屋さんになってしまって、なんだか悲しい気持ちになりました。かつてはフィッシュ&チップス屋さんというのは大勢のお客さんでにぎわっていたんですが。chippy先日、東銀座のWaterlooというイギリス風のパブに行ってみました。フィッシュ&チップスがメニューにあるのです。純粋に、、、美味しかったです!タルタルソースと、モルトビネガーが添えられていました。Yummy!(ヤミー。美味しいという意味です)
<どうやって食べるの?>
イギリスでは普通はフィッシュ&チップス屋さんはTake away「お持ち帰り」専用ですが、パブやレストランで席に座って食事を出来るところもあります。昔はフィッシュ&チップスを買えば、油取り用の白い紙に包んでその上から新聞紙に包んで渡されるものでした。最近は衛生的な面と実用的な面からプラスチックの容器に入れて、その上から新聞の字が印刷された包装紙を巻いてあるようなのが多いようです。サイドメニューとして、Pickled Onion(酢漬け玉ねぎ。見た目はラッキョウに似ていますが小型の玉ねぎで、辛み健在です。そして、漬け汁はラッキョウのような甘酢を想像すると裏切られます。めちゃ酸っぱいです!)、Gherkins(キュウリのピクルス)、Mushy Pea(マッシュしてペースト状にしたグリンピース)と、Gravy(肉汁で作ったソース)などと一緒に食べたりします。紙に包む前に塩少々と酢をジャブジャブたくさんかけます。Malt Vinegarといって、麦芽から作った酢で、一番人気のブランドはSarsons  https://www.sarsons.co.uk/range/malt-vinegar です。vats
<フィッシュ&チップスの歴史は?>
イギリスでフィッシュ&チップスの起源は1860年代はじめごろと言われています。初期のフィッシュ&チップス屋さんは、大きな鍋を石炭の火にかけて油を熱していました。後に、ファストフード店でよくみかけるような、フライヤーがあってカウンター越しに商品を渡すスタイルになったようです。1900年に入ると大人気となり、1910年に25,000店だったフィッシュ&チップ屋は、1920年には35,000店に増えたそうです。フィッシュ&チップス屋さんの元祖は、ロンドン東部のOld Ford Roadに1860年にオープンしたMalin’sというお店だそうです。waterloo-pub
<今も人気がある?>
Chippyすなわちフィッシュ&チップス屋さんの数は年々減ってきていましたが、近年復活の兆しもあるという調査があります。イギリスのフィッシュ・フライヤー連合(
http://www.federationoffishfriers.co.uk),によれば、フィッシュ&チップス専門店は10,500店舗
あるそうで、マクドナルド1,200店舗、ケンタッキーフライドチキン840店舗と比べると、大きく差をつけて多いということがわかります。

<どれぐらい人気があるの?>
fish-and-chips-4イギリスの全国民がフィッシュ&チップス屋さんで食べる量は年間3億82百万食。うち、1億67百万食はフィッシュ&チップスです。これは国民ひとりあたり年間6食という計算になります。人口の80%が年に一度はフィッシュ&チップス屋さんに行き、22%は毎週行きます。56%の人は家で食べるために買っています。イギリス国民がフィッシュ&チップスに使うお金は、年間1兆2千億ポンドであり、これはテイクアウェイの食べ物の中で一番人気と言えます。

<どうやって作るの?>
元々は牛脂やラードで揚げていたようですが、今は手に入りやすい植物油を使っています。ピーナツ油などです。イギリスの中でも北部のスコットランドでは今もラードを使っているそうで、また違った風味があるそうですが、ベジタリアンは食べられないですね。イギリスとアイルランドの伝統的なフィッシュ&チップス屋さんでは、小麦粉と普通の水でBatter(揚げ物の衣)を作り、そこに少量のsodium bicarbonate(Baking soda。重曹)とVinegar(酢)を入れます。重曹と酢の化学反応で衣に泡が出来て、フンワリ、サクサク感が出せるんですよ!他にも、衣にビールを入れるレシピもありますよ!健康食に決まってますよね?!pickled-onions sarsons

魚は、cod(タラ)はhaddock(ハドック。日本にはいない魚ですがタラに似た魚で、500円玉ぐらいの丸い模様があるのでモンツキダラという名前がついています)が定番。お店によっては、pollock(スケトウダラ)、coley(シロイトダラ)、plaice(カレイ)、skate(エイの仲間)、ray(エイ。特にアイルランドで人気)、huss(トラザメ。Dogfishともいう)、rock salmon(サメやナマズなどの下魚の商業名)などの、他の白身魚も扱っているそうです。
healthyフィッシュ&チップスは男性の一日に必要なビタミンの三分の一、女性の一日に必要なビタミンの二分の一を含み、フィッシュ&チップス&ピーズ(豆)一人前に含まれる脂肪は7.3%で、うち2.8%は飽和脂肪酸です。ポークパイの10.8%とかツナ・マヨネーズ・サンドイッチの16.8グラムと比べてみてくださいね。普通の一人前が6オンス(170グラム)の魚のフライと、10オンス(280グラム)のチップスで、約1,000キロカロリー、脂肪量は52グラムです。添えられるタルタルソースでさらにカロリーと脂肪量がプラスされます。
<フィッシュ&チップスで表彰されるの?>
fish-and-chips-5はい。ヨーク州ハクスビーのMillers Fish and Chips で1988年からナショナル・フィッシュ&チップス賞というのが毎年開催されていて。昨年は30周年記念式典が行われ、ノルウェー大使も出席したそうですよ!(http://millershaxby.com)それでは、本日はこのへんで。フィッシュ&チップスに興味がわいてきませんか?カロリーは高いけど、美味しいですよね。家で作ってみたよ!おいしいお店を見つけたよ!などの情報をお待ちしております。

ケンブリッジ英会話
グループ・レッスン、プライベート・レッスン、アフタヌーンティー・レッスン、ビジネス英語、TOEICスコアアップコース、留学準備コースetc、各種ニーズにお応えします!!
レッスンのお問い合わせは、

Mailcambridge.eikaiwa@gmail.com

URLwww.cambridgeeikaiwa.com

Is the traditional Fish and Chips shop disappearing?
Around the world the most widely known British food has got to be ‘Fish and Chips’. A few years ago in my hometown in the south east of the United Kingdom our local fish and chips shop or ‘Chippy’ as they are commonly known, changed hands and became a Turkish Kebab shop, serving a range of Kebabs as well as expanding their range to include burgers and hot dogs etc. It was a sad day in my hometown to see something I had known since I was a child disappear and remember walking into the new kebab shop with its gleaming white tiles and lit up display menu and longing for the familiar and trusted Chippy. For a time it was successful but as has since changed back into a proper Chippy. In Tokyo recently we visited a British styled pub with Fish and Chips on the menu. It was genuinely good and even came with tartar sauce and malt vinegar….yummy!

How is it served?
Most Fish and Chips shops are ‘Take away’ businesses but many pubs and restaurants also server fish and chips as a sit down meal. Many years ago having fish and chips meant the food would be wrapped in basically newspaper or with an inside layer of white paper. This acted as insulation and to absorb the grease. Today many shops have had to change the practice due to hygiene concerns and use plastic containers or food quality wrapping paper printed to look like newsprint. Many Fish and Chip shops in the U.K. also put out for sale additional items such as pickled onions, large gherkins or side dishes such as mushy peas or gravy (meat sauce). Before the Fish and Chips are wrapped the staff will often splash on lots of malt vinegar (The most popular brand being Sarsons Malt Vinegar: (
https://www.sarsons.co.uk/range/malt-vinegar) and salt.

How long have Fish & Chips been around?
The origins for Fish and Chips in the U.K. are thought to go back to the early 1860’s. Early Fish and Chip shops were quite basic with a large pot of cooking fat heated by a coal fire. Soon it developed into a fairly standard fast food layout with over the counter serving in front of the fryers. It became extremely popular in the U.K. in the early 1900’s. For example by 1910 there were more than 25,000 fish and chip shops increasing to over 35,000 by the 1920’s. The first fish and chip shop was believed to be a place called Malin’s which opened in 1860 on Old Ford road, East London.

So is it still popular?
The numbers seem to suggest that the Chippy has declined in popularity but in recent years is making a comeback. For example, according to the federation of fish fryers in the U.K.  there are currently in the region of 10,500 specialist fish and chip shops in the UK. (http://www.federationoffishfriers.co.uk),These dramatically outnumber other fast food outlets such as McDonalds with 1,200 outlets and Kentucky Fried Chicken with 840.

So how popular exactly?
British people eat some 382 million meals from fish and chip shops every year including 167 million of just fish and chips. That’s six servings for every man, woman and child in the country. 80% of people visit fish and chip shops at least once a year. 22% of people visit fish and chip shops every week. 56% of people buy fish and chips to eat in the home as a family meal. U.K people spend £1.2 billion on fish and chips per year, which makes it by far one of the most popular take away foods!

How is it cooked?
Traditionally Fish and chips was cooked in beef fat or lard but now it is more common to use vegetable oils such as peanut oil. Further north in the U.K. and Scotland it is however still popular to use lard as they say it gives a different flavour to the dish, making it inedible for vegetarians. In Britain and Ireland, fish and chip shops traditionally use a simple water and flour batter, adding a little sodium bicarbonate (baking soda) and a little vinegar to create lightness, as they react to create bubbles in the batter. Other recipes even use beer!

It can’t be healthy right?
In Britain and Ireland, cod and haddock appear most commonly as the fish used for fish and chips,  but vendors also sell many other kinds of fish, especially other white fish, such as pollock or coley, plaice, skate, and ray (particularly popular in Ireland); and huss or rock salmon (a term covering several species of dogfish and similar fish). Fish and chips provide a third of the recommended daily allowance of vitamins for a man and nearly half for a woman. An average portion of fish, chips and peas contains only 7.3% fat of which 2.8% is saturated fat. This compares with 10.8% fat in a pork pie and 16.8 grams you will find in a tuna mayonnaise sandwich. An average serving of fish and chips consisting of 6 ounces (170 grams) of fried fish with 10 ounces (280 grams) of fried chips has approximately 1,000 calories and contains approximately 52 grams of fat. The use of tartar sauce as a condiment adds more calories and fat to the dish.

There’s even a Fish & Chips Award?
Yes, yearly National Fish & Chips Awards were set up in the UK in 1988 with Millers Fish and Chips in Haxby, York (
http://millershaxby.com) winning first prize in 2018. The 30 th Annual Fish and Chips ceremony was even attended by the Norwegian ambassador to the UK last year.